健康保険被扶養者認定事務が厳格化

平成30年10月1日から、健康保険被扶養者認定事務が従来より厳格となりました。事業主は、戸籍謄本又は扶養認定を受ける方が同居の場合は住民票でその続柄を確認し、健康保険被扶養者(異動)届の備考欄に確認済みの☑を付すことになりました。